青汁の効果と種類

青汁にはビタミンやミネラルなどの様々な成分が入っています。特にビタミン面ではすべてのビタミンが入っていると言われています。そして、青汁はドロドロな血液をサラサラにしてくれる効果があります。血液がサラサラになることで動脈硬化を予防してくれる働きがあります。また、ビタミンが多く含まれているのでこれからなるかもしれない生活習慣病などの病気を予防してくれます。その他にカリウムやマグネシウムといったミネラルも多く含まれているので、健康を維持していくのに青汁は最適な飲み物になります。食物繊維も多く含まれているので便秘がちな人は特におすすめです。

 

青汁には様々な種類があり、その種類によっても入っている栄養素が違います。特に青汁の中で有名なのがケールが入っている青汁になります。ヨーロッパの野菜を含んでいてヨーロッパ原産の野菜にはたくさんの栄養が含まれています。老化を防止する効果があり、継続的に飲むと若々しく健康になれます。腸の調子を整えたり、がんの予防にもなるため青汁を飲もうと考えている方はケールが入った青汁がおすすめです。
食物繊維やカリウム、βカロテンが特に多く入っている青汁が明日葉入りの青汁になります。明日葉入りの青汁を飲むことで肥満が改善したり、動脈硬化を予防してくれる働きがあります。生活習慣が乱れている人には明日葉入りの青汁を飲むことをおすすめします。

 

大麦を原料とし青汁にしたのが大麦若葉の青汁になります。大麦若葉の青汁はビタミンCや鉄などが多く含まれています。このビタミンCを摂るとニキビシミが改善されていきます。大麦若葉の青汁は女性に飲んで欲しい青汁です。特にお肌に悩みがある人に良いです。

 

そして、青汁は飲みにくいと思っている人が多いかもしれませんが、中にはフルーツが入った青汁があります。このフルーツが入った青汁はビタミン不足や野菜不足に人気がある青汁になります。野菜が苦手な人でも飲みやすく、フルーツが入っていれば毎日継続して飲むことができると思います。フルーツが入った青汁にはりんごやバナナ、レモンなどビタミンやカリウムなどのミネラルが摂れるので美容に良いだけでなく健康にも良い上、飲みやすいというのが魅力的です。
この他にもたくさんの種類の青汁がありますが自分にあった青汁を選ぶことが大事です。青汁は飲み続けることで健康を維持するものなので、なるべく自分の口に合った青汁を選ぶことをおすすめします。